仮想通貨交換業者に新たな行政処分、10社目

金融庁は11日、仮想通貨交換業者のブルードリームジャパン(岐阜市)に対し、2カ月間の業務停止命令を出した。仮想通貨交換業者に対する行政処分は10社目となる。 同社は金融庁による業者登録の審査中にあり、みなし業者だ。金融庁が3月14日から立ち入り検査を開始したところ、自社発行の仮

続きを見る

RELATED FEED