韓国がICOなど仮想通貨規制を一転緩和か、金融監督院(FSS)トップ交代が契機に

韓国の規制当局である金融監督院(FSS)は、2018年5月8日付でユン・ソクホン(尹碩憲)氏が新長官に就任,コリア・タイムズ紙に対して「仮想通貨規制の緩和を考慮する」と語った。韓国の最高財務責任者の1人であるユン長官の発言は、そのまま仮想通貨の緩やかな規制緩和につながるものと期待

続きを見る

RELATED FEED